忍者ブログ
30歳からはじめました。。ブラックバス釣り! 埼玉東松山近郊からの奮闘記です。
[208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198
Posted by HOT - 2011.04.20,Wed
バロウズ69Hが折れた後、セントクロイのAC62MXFを入手しましたが、簡単なロッドの違いを。

とその前に私がよく行く池にはカバーはさほど多くはありませんが、それはおかっぱりでのこと。

33.jpg











例えばこんなかんじ。
奥にいけばいっぱいあるのはあるけどね・・・撃てないんですよ(それでフローター買ったわけだが。


んで撃てるようなカバーはこんなところが少しってかんじ。

1.jpg
2.jpg












おそらくですが、おかっぱりだとこういう枯れた草木が溜まっているところやレイダウンでも重なりあって、
ドシャローにうちあげられているようなところが多いんじゃないかと思います。
まぁ藪漕ぎ前提となるところも少ないないでしょうが。
それでも撃てるところは多くなくて、すっげーカバーだったりするからそのカバーのエッジとか。

んで、おかっぱりだとヘビーなタックル持ち歩いてる人は比率的には少なくて、カバーの周りしか撃ってないことも多いと思います。上の左画像みたいなレイダウンは枝にハリが刺さったら回収不可能に近いしね・・・

カバーを撃ち続ける場合、小枝や枯れ草や葉っぱの塊なんかは、ロッドを軽く持ちあげるだけで水面からルアーが顔を出すくらいのパワーは欲しいわけです。すごく撃っていくのが楽しいし、楽です。
カバーへ落として反応がなければ、次へと。人が撃たない場所へルアーを落とすだけで探っていきます。
撃ち続ける場合ね

しかし、撃ち続ける場面が少ない場合は1つのカバーの中でシェイクしたり、小枝にのっけたりして、誘いをかけて探りたくなるわけです。野池だとカバーが少なく、他の場所はプレッシャーも高いですからね。
そうするとHなロッドではパワーがありすぎてちょっと使いずらいんです。
例えばジグをボトムでリフトするとHだとボトムから離れすぎちゃう。Mだとティップが入ってかすかに動かせる。
ズル引きしても、Hだと引っ掛かりでシェイクできずに持ちあがっちゃうけど、Mだとネチネチ引掛けられる。
撃ち続ない場合ね



HM.JPG










カバーにぶち込むなら、ラインも枝にからんだりとかするので感度うんぬんじゃなく、ラインであたりをとるようなことが多くなる気がするのでティップの入り具合と長さで選びたい。(パワーは前提として)
んですが、Hなロッドは結構お高いですし、カバーではすごくいいんですが、カバーが少ないと・・・
出番が少ない?ここぞという時に使いたいんだが、汎用性がないんで、使いたいのになかなか使えない。
親父がお客さん用といって、こっそりしまいこんだナポレオン or マッカランみたいなかんじです。
(この例えわかるかな・・・)

カバー撃ちこそバスフィッシングだと思ってるので、欲しいんですが・・・

今回はドMロッドを。
カバーに巻かれないように、こんなに強引じゃ折れるかも!!と思いつつも強引にカバーから離す。
離さないともっと深いカバーから離すパワーは・・・なので。
しかし、枝に引っ掛かったり、葉っぱとかのゴミをティップで拾いやすいのでアプローチ中は慎重にしないと
根がかり連発ということもしばしば。
カバーをしつこくゆっくり攻めるにはバッチリです。


Hでも慣れてくると軽いルアーならキャストできるようになり、シェイクなんかが必要ない小カバーなら十分なので・・・・ドMでH(すけべ)なので、Hロッドも欲しいですね。




1d9c0028.JPG





















PR
Comments
無題
おっ!久々に画伯ですね!

撃つ釣りは未経験ですが、何となく理解しました。
HOTさんがHでMと言う事♪
Posted by 柴犬 - 2011.04.20,Wed 19:59:52 / Edit
こんばんは。
自分は、HなドSですが・・・
そしてドHロッドを欲しがってます♪
って言うか今のMHロッドに不満足なもんで^^;
現実性のない遥か遠い夢なのが、残念でなりません(笑)
Posted by スピッツ - 2011.04.20,Wed 20:25:00 / Edit
無題
話しはなんとなく伝わったのですが・・・詳しい事が頭にはいりません(;ω;)
ちなみにですけど!!
Hはへんたいの略だ。
と担任の先生に習いました-ωー
Posted by 山ポシ - URL 2011.04.20,Wed 21:12:59 / Edit
いやぁ~んどきどきしちゃう
お疲れです。
ふむふむと拝見しました。さすがです。
自分はMにしてもHにしてもメーカによって色々だなぁ~と思ってます。
端的にあんまり表記があてにならんと・・・なんで買う前に触るのが大事と思ってます(脱線
しかし画像のカバー見ると・・・
撃ちてぇ~(^^
Posted by ma-ika - URL 2011.04.21,Thu 23:09:58 / Edit
無題
柴犬さん>
柴犬さんが描けというので、描いてみました!HでMですよ!
「ド」がつきますよ。

スピッツさん>
ドHのロッド、夏~秋に草木が育った時には出番ですね!
とても欲しいですが、中古で1万円以下ですごくタイミングがよくないと私も買えません(爆

山ポシくん>
Hは変態の略で、世界共通で変態は「ヘンタイ」です。
ちなみに津波も「ツナミ」ですよ。
硬~いロッド今度触らせてあげようと思ったけど、もう折れてないのです(笑

maikaさん>
僕はダイコーのHしか触ったことがないので偉そうに比較はできないんですが(汗
また、ティップもファーストといっても硬い中でファーストなので、Mのファーストをイメージするとちょっと違うなぁっておもいました。
カバー探して撃ちまくりましょう!
Posted by HOT - 2011.04.22,Fri 08:22:32 / Edit
無題
御久し振りです。インプレを拝見さして頂きましたが、カバー打ちで一本に絞ることはとても難しい問題ですね。
だけど、只一つ言えることは、カバー打ちをするならば、フローターでもロングロッドがいいですよ。私もフローターの時、ロッド6本を積んでましたが、65が一本くらいで、あとは70以上でした。最初は投げづらいでしょうが、慣れてしまえば気になりません。私もフローターの時、69Hでスキッピングやりまくってましたから。
何故ロングロッドがいいのかと言うと、私はカバー打ちで重要なのは、掛けた後、ハードカバーからバスをいかに引っこ抜くかだと思っています。その場合、フッキング時の打点の高さがとても重要になってきます。解り易いのは、小枝にルアーが引っ掛かって外す時、平行で引っ張るよりも、できるだけ真上から引っ張った方が抜けやすいですよね。フローターはオカッパリとは違い、水面から上半身しか出ていないので尚更です。私も最初はキャスタビリティを求めてしまいショートロッドを選んでしまい、何回もカバーに巻かれバラしましたし。
次にHロッドを買われるなら、ロングロッドをお勧めします。
Posted by take-tenzan - URL 2011.04.22,Fri 09:57:14 / Edit
無題
take-tenzanさん>
コメントありがとうございます。
フローターでもロングロッドですか!
カバー撃ちに限れば、フッキングの時の角度はかなりロングロッドに分があり、色んな面で助かる場面が多いですね。カバーから離したり、ブッコ抜く時も短いと真上方向に抜けないので、カバーを引きずる形になり、もっとゴミごと抜くパワーが必要になり・・・・ってかんじでしょうか。
フリッピング的にカバーへルアーを届けることも多いので、次も7fくらいのロングロッドを買いたいと思ってますが・・・先立つものが(笑
アドバイスありがとうございました!
フローター釣行の際はまたアドバイスくださいね♪
Posted by HOT - 2011.04.22,Fri 12:10:12 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
<< GWHOME土浦遠征 >>
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
お問い合わせ
ツールとか
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]