忍者ブログ
30歳からはじめました。。ブラックバス釣り! 埼玉東松山近郊からの奮闘記です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6
Posted by - 2017.03.27,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by HOT - 2013.08.18,Sun

7月の初バス以来、虎バスハンティングには数回出かけていましたが、それほどの釣果でもなく、発見もあまりなかったので記事にはしておりませんでした!元気に釣りはしております!

さてお盆休みは毎回地元の青森で釣り三昧なのですが、今年は八郎潟へ行ってきました。

秋田県は青森県の隣ではありますが、距離的には結構あります。
実家から2時間半~くらいかかりますので、朝6時出船を考えると夜中3時前には自宅を出発です。

今回は八郎潟のトーナメントなどにも出ているMさんに同船させてもらい、西部エリア釣行です。
b1c4e695.jpeg














八郎潟には東部と西部 大きく2つのエリアがあります。
東部はどちらかというと護岸が整備されており、残存湖もある広いフィールドですがその分人も多く、トーナメントも多数開催されているため、連休ともなればプレッシャーも高いそうです。
(前日も東部でトーナメントが行われておりました)
西部は多くの人がイメージする八郎潟の風景らしく、葦などの植物がたくさんあるジャングルのようなところ

s00823.jpg















(この画像はGoogle検索から拝借)


西部の釣りは、
・この葦を撃つ 「葦撃ち」
・ところどころにあるリップラップストレッチの釣り 「リップラップ流し」
・深場で5m前後の浚渫があるところの岸から落ち込むところを狙う「ドロップオフ釣り」

大きく3つが特徴的

夏になるとやはり深いところに集まるのでドロップオフの釣りがメインになるそうです。
しかしシャローの釣りは見渡す限りの葦などの植物。葦撃ち好きにはたまらん。ぜひやりたい!
リップラップはエビ、ハゼなど餌が集まれば当然バスも食い気マンマンで集まる。ここも巻き倒したい!


当日は、晴天(28-30℃)、風速2-3mで比較的なんでもやれそうな雰囲気
水質も濁っているようなかんじもなく(Mさんからも相対的に濁ってないとのこと)、風もありなんかいいかんじ。
ここはイメージしてきたシャローの釣りをリクエスト!

イメージ的には朝はリップラップを巻いて流し、反応をみながらよさそうな葦撃ちをする。
その後は魚の反応にあわせて攻略していきたい!
しかし、まずはシャローをとにかくキャストして巻いて、撃ってとおかっぱりから解放された状況を満喫したい(笑)


とりあえずは熊谷、所沢、大宮、品川、仙台と県外ナンバーだらけのボート屋さんを出船


もちこんだタックルは4本

・Falcon CC-6-1610H-T7 
6.10のMH デカトップと1/4以下テキサスに。

・St Croix  AVID 62MXF 
6.2のM 最近のスーパーお気に入り。小型プラグ全般、ノーシンカー。とにかく取り回しやすい

・BPS クランキンスティック 66ML
6.6のML クランクとバズベイト、大きめのトップに。 DT6とか6aとか投げてた。

・スピニング 6.2L 
ノーシンカージャークとスモラバ用。今回は出番なし。



さて、出船してまずはリップラップのストレッチへ向かいます。
日差しはまだ弱く、快適な気候。風が少しあるので水面は少しサワサワしています。

先に出船している方々もあちらこちらに散らばっていますが、大半は葦撃ち。

04.jpg











(この画像もGoogle先生から拝借)

この何kmも続くフィールドでほとんどがこんな葦。
なんの変化のない葦を撃ち続けたところでどうなんだろうか?ということを考えながら移動。

到着したリップラップエリアではクランク、スピナベ、チャター、トップともう日頃のストレスをすべてを発散!
巻きまくり、キャストしまくりで反応を見ます。

Mさんのチャターに2バイトありますが30cmほどのサイズでオートリリース。
餌を追い回していればもう少し反応があってもいいはずだが、あまり反応がない。

このまま巻き続けるかどうか・・悩みながらとりあえずは巻く。
しかしあまり反応はよくならない。 んー巻いて釣っておきたい(笑)

悩んだがエリアの北側から1/2ほどを流したところでに次への移動を決定。

理由はこの後、ピーカンべた凪になった場合を考えて、風のあるうちにもっと北側の変化のある場所を見ておこうということ。
それと早く葦打ちしたかったということ(笑)

まずはリップラップエリアでの釣果はお預けのまま、北上する。

後半へつづく!
 
PR
Posted by HOT - 2013.07.01,Mon
結果から申し上げますと、

完全ノーバイトの完全試合。 本当にありがとうございました。


img_1660806_23920889_0.jpg














この画像はネットで拾ったものですが、このボートの数と同じくらいいました。

朝6時の出船とともに、ものすごい数のボートが湖上に拡散!

あっという間にボートとボートの間にも入れないような大混雑。

しかもボートはアンカー下ろして動かない・・・・ 

そんなかんじでした。(言い訳


それでは釣りの分析。

春ゼミが鳴き、セミパターンが絶好調との噂でみなさんセミやフローティングワームで1点シェイク系。

1mくらいのショアライン沿いから2~3mまで徐々に落ちてるようなポイント。

朝一はみなさんボートポジションをその2-3mにとって、岸際から数mの場所に投げる。

最初は反応があるものの、この人。このボートの数。 すぐに反応がなくなります。


それでも投げ続ける。1点シェイク系のセミ


確実にボートが近い。 セミが落ちるところもそこじゃない。 

今ボートがあるところにキャストすべきなんじゃない? 

と思ってましたが、ボートとボートの場所の取り合い。少しでも隙間があれば入ってきますから。

もう風雲たけし城状態ですよ ><



早々にトップの釣りはやめて、底の釣りにシフト。

ウィードはまばらで底に少しある程度。もっとモジャモジャあると思ってた。

テキサスで3m以深のウィードが引っかかる場所を探すも、みなさんボートで通るルート(笑)

今考えるともっと沖に出て、やればよかったかな。でも魚探もないし、足漕ぎじゃ操船だけでも結構大変。



半周して、目に見える3mくらいのブレイクを中心にボトムの釣りをしますが、ボートの通るルート(笑)

絶え間なくボートが行き来するのでなかなか思うようにできない。広範囲に探ることができません。


そんなかんじで13時頃にはギブアップ。




例えるならば、埼玉野池。もしくは、遊園地の混んでる子ども用ゴーカートのりば。

行くなら平日。

マチガイナイ!



初見えバスだけでした。

土日に快適に釣り。というのは野池だけじゃなく、湖でも難しいですね

平日サボるしかないという結論(笑)

Posted by HOT - 2012.05.21,Mon
CA3I0322.jpg











千曲川経由の野尻湖へ行って来ました!
nightmareさん(http://nightmare.naturum.ne.jp/)と一緒に。
実は去年から数回、今年も1度A川へなど、ご一緒させてもらってますが記事にならない理由は察してください。

nightmareさんは結構地味な(おとなしめな落ち着いたという意味です)
私は結構派手目な性格(うるさく、適当で、結構自己中)
どういう組合せ?みたいな凸凹コンビなかんじなんですが、、、、

共通点:「ITオタク」 ITが普及した世代(同じ歳です)
2人とも従量課金制から定額制 所謂ダイヤルアップからツナギ放題の時代にガッツリインターネットをしていたネット廃人であるのです。
P2P、コーデック、Flash、圧縮、エンコード、OS、ブラウザなどなど普段釣りするときには話さないような(それ以外でも話さないか)マニアックな話で車内は盛り上がります。
苦労してエロ画像(当時は画像から入ったものです)を見たとか。
youtubeなんかがある今の時代はネットをしなくても、いつでもできる状態にあるけど俺らの時代は親を説得するところからはじまって。。。。などなど



よく考えてみたら、ほとんど釣りの話はしませんでしたね。
でも面白い話ができたし、次回ビッグレイク遠征の話もできたしよかったですわ


・・・・

ということでまた来週!

といきたいところですが、少し記録を残します!

朝一は千曲川の先日釣果があった場所へ入ります。
一昨日は雨。昨日は晴れ。ということで今日はそこそこOKだろうと思っていたら。

「長野は昨日の朝まで雨だったんですよ。水温も下がってますし、このへんはこの時期水位も低いんですよ」
というお話。

でも来てしまったものはしょうがないので、水面直下からボトムまで流して2時間。
次のポイントに向かいます。(水温は16度ありました!)

次のポイントは激流の中なんですが、どうもイマイチ。
真夏に投げ倒すには良さ気なんですがなんとなく気分がのらないので。早々に見切る。

3ポイント目。
野尻湖。
人多め。ピーカンベタ凪。難しい。
どういう釣りがいいかと尋ねると。

「ダウンショットのホットケが一番釣れますよ」

と言ったまま微動だにしない本日6匹ゲットのオカッパラーの方。

みなさん口を揃えて言います


「動かさい方が釣れる」


2時間ほど「郷に入れば郷に従え」の精神で野尻湖に入門しますが、精神崩壊。

これは望んでいるバスフィッシングではない!さらば野尻湖!
(野尻湖には大宮、所沢、春日部、多摩、八王子など関東ナンバーが多いこと多いこと!)

その後は美味しいお蕎麦を食べて帰りました。
地元の前回も案内して頂いた知り合いの方からお土産も貰い、充実感満載で帰宅。

帰宅後、山女魚さんからのメールでもう少し下流で釣っているとの連絡を頂きましたが、すでに疲労困憊w
次回は山女魚さんとの釣行もできれば!とお約束しました。

長野は空気と蕎麦がウマイ! スモールはラージと違う釣りになりますけどもこれはこれで楽しいですね
しばらくは時間があれば長野へ行きたいと思います。

そして6/8は・・・・・

In 琵琶湖

初琵琶湖ということでガイドさんにお願いすることにしました。

ダイナミックな釣りができればいいな!!



 
Posted by HOT - 2012.05.01,Tue

GW前半は、3日自由時間だったので夜明けから午前中は釣り。
午後はアツいし人も多いので、適当に昼寝して近所の池徘徊。

初日は、朝一6時過ぎくらいに1本。
ジグが蛇籠に引っかかり煽って外れた瞬間!!
あらぬ方向にラインが動く。

そこを焦って、おもいっきり変な態勢で変なアワセww

とりあえずノリました。  40ジャスト。

20120428.jpg













2日目は、長野県は某川への遠征。
まだ昼と夜の気温差がすごく激しい、寒い長野ですが春のポジションへと
動いているスモールのコンタクトポイントへ案内して頂きました。

前々日の雨、当日の26℃というドピーカンということもあり、ボイルなし、反応なし!
と厳しい状況。
周囲で釣れてる方のライトリグでめちゃくちゃスローな釣りで釣り上げていたのを目撃。。。。
これは超スローの展開か!?
シンゾーベイトのりアクションで朝一1バイトあったのみだったので、リアクションから放置の釣りへシフト。
スモラバの放置プレイ&1アクション&放置プレイ(放置は10秒以上) でなんとかバイトが2度。
そのうち1本をゲット!

写真はよれよれですが、しっかり測ったら41cmありました。

20120429.jpg












1,2は仕事で、3日から青森へ帰ります。
青森は長野と同じような春の動き出したところくらいなかんじらしい。
ということはまだまだデカイのが釣れるチャンス!

埼玉はスポーニング中のバスが結構いました。
バイブレーションなどスレがかりでバスを傷つけてしまっていた方も目撃しましたんで!
(わざとではないみたいです!)

アレの最中は、人間・魚問わず、邪魔されたくないものですww
しっかり子孫繁栄のために邪魔せずに頑張ってもらいましょう!


後半戦へつづく?・・・・
Posted by HOT - 2012.04.25,Wed
20120424175727.jpg











昨日 やっと開幕しました!
会社帰りの30分! レアリスバイブのぐるぐる巻き(早巻き)にやっとノッた1本
バイトは結構あるのですがノリません・・・・・
ちなみに使っているロッドはこちら。

バズトリクス モバイルエディション BTC-6084M
http://valleyhill.taniyamashoji.co.jp/catalogue/page01.jsp?mode=id/309
マジで曲がらないので要チェックだ!(4ピースで安かったんす)

スモール狙いと言えど、やることは変わらないっす。(てかまだスモールのこともわからにゃい)
高さのある足場への抜きあげもありますし、テトラへのスレ、使用するルアーを考慮してもベイトタックル一択。
ラインはBPS EXECEL 14lb(太さ的にはポリアミドプラスの20lbくらいある)

先行者3人、全員スピニングで小さいワームをぶらさげて、お地蔵さんのようにテトラ撃ちしてます。

スモールって、細いラインとスピニングと小さいルアーとお決まりのように言われてますが、、、、
私的に感じたのは、食い込みのよいティップをもったロッドと流れに負けないキレのよいルアーと細軸のフックがあれば釣りやすいだろうと。口が小さいので一口サイズのルアーも効果的でしょうが、、つまんないよね~
それはおいといて・・

少し離れたところで、ぶんぶんバイブレーションやら、ミノーやらを投げました。
昨日くらいあったかいと夕まずめに動き回っているやつを広く探った方がいいかと思いましたて!
バイトは多数ありましたが、しっかりとフッキングできたのは1本だけ。
タックルバランス重要ですね・・・

そして、気づいたことが1つ。2つ。
カレントの中でしっかり泳ぐ(キレよく)泳ぐルアーとそうじゃないルアーってあるんですね
バイブレーションでもある程度重さがあって、細かくブルブルするやつが使いやすかったです。
少し大きめの割に軽いTDバイブでは流されまくりで思ったように巻けませんでした。
(これはこれでカレントを使った使い方を見出す必要があるな!)

とりあえず1本釣れてスッキリしました。
川も楽しいな・・・・

CA3I0204.jpg










それとこのEXCELのライン・・・・1200mで1000円程度と超お買い得なのだが。。。。。。。
非常に劣化が早い!
表面のコーティングがすぐとれて、ボサボサちっくになっちまいます。
私は巻き替えが好きなんで、10日に1回ペースでコイツで交換しているようなかんじです。
もう少しsufixとかの持ちがいいラインにして、月1ペースで交換にした方がよいかも。
ちょっとこのボサボサちっくは投げ心地が悪いです。
切れやすくなるとかそんなのは感じはないんですが(20lb相当なので早々切れるもんじゃないし)

でも釣りに行く前の日とかにラインを巻き替えるワクワクタイムがタマンナイんだよな~

次回はサイズアップできればよいな!

ちなみに会社帰りの30分、土日の朝2時間が現在のリミットです><
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
お問い合わせ
ツールとか
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]