忍者ブログ
30歳からはじめました。。ブラックバス釣り! 埼玉東松山近郊からの奮闘記です。
[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by HOT - 2010.11.06,Sat
家族内で体調不良続出!その他いろいろあって忙しいのですが、なんとか時間を作れたので・・・

近所の野池へ

まずはいつものWへ
濁りがひどく、水質も悪い。巻物とダウンショットで一周しますが、駄目そうなので移動。

もう1つのホームへ
先行者がいて、水質もWよりちょっといいかな?っていう位。
ですが、水深がめちゃ浅いため、風のない今日みたいな天気だと水温がいい具合にあがりそう。

まずは1周、ジグとベビーミノーで探っていきますが、アタリなし。
スピナベ・ジグヘッドで中層探るもアタリなし。

ワンド状になっていて、風があたりにくい、比較的シャローなポイントへ薮こぎ。
水は流れてなくて水質は悪いんですが、水深が浅いところなので水温は上昇気味!?

細かくジグを撃っていくこと数キャスト・・・・
着水後、コンコン!ラインが走る! 落ち着いてアワセル!!


SANY1872.jpg







3/16ozジグ+ジャスターホッグ3.3

25くらいですが、久々のバス! ジグであわせる!!ってのも気持ちよかた。

小場所ですし、活性も高くなそうなかんじでしたが、なんとか釣れました。
ジグが落ちた場所に運良くバスがいてくれた!ってかんじでした。
その後は反応なく終わりましたが、どんどん水温も下がり、釣りにくくなっていますね・・・

いよいよ厳しいですかねー
PR
Comments
こんばんは。
自分も考え的には一緒です♪
釣れる時は投げたとこにバスがいた、釣れない時はいない・・・
ただキャスト数とか考えるとバスがいないとこばっか投げてるってなりますが(笑)
Posted by スピッツ - 2010.11.06,Sat 20:13:10 / Edit
スピッツさん
私も寝る前とか布団に入ってから、もし水中が全部透けてたら魚いないところに慎重にキャストして誘ってるんだろうなー(笑)ってよく考えたりします。
投げたとこにいて食ってくれたからいいものの・・・その前にキャストしすぎると小場所の場合は食ってくれないことも多そうですよね。
その辺が上手下手、経験値なんでしょうが・・・
Posted by HOT - 2010.11.06,Sat 21:00:18 / Edit
無題
俺なんかもいたから釣れたパターンしかないとおもいますw
よせて釣ってるのかは分かりませんけどね^^;
最近は全然釣りいってませんorz
Posted by 山ポシ - URL 2010.11.07,Sun 11:18:32 / Edit
おそばせながら
結果出してますね~
素晴らしいです

私は基本的な考えは変わらないですが少しだけ違います
だって 居る所に投げて釣れるのだったら
見えバスは全部釣れちゃいます
河口湖のようなクリアウォーターだったら入れ食いになっちゃいます
バスが口を使うためのスイッチを入れないと
私は釣れるとは思いません
でも結果的にそこに居なければ釣れないんですけどね ^^;
偉そうな事言ってごめんなさい...
初心者の戯言と受け流してください ^^;
Posted by chakapee - URL 2010.11.08,Mon 20:20:53 / Edit
^^
山ポシくん>
最近は寒くてなかなかいけないですね・・・冬は・・・休養ですw

chakapeeさん>
たしかになにかしら反応させるものは必要でしょうねー
自分の場合、とりあえずは魚にアプローチできてからですんで、魚がいるところにうまくルアーが届けば・・・それで釣れなきゃまたそっからですww
見えバスはこっちの姿も見えてると思うのでまぁ無理と思ってますw
Posted by HOT - 2010.11.09,Tue 09:42:10 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カウンター
ブログ内検索
最新CM
[12/14 オメガ時計 コピー]
[12/14 Heidi Reynolds]
[12/14 超A品]
[12/13 エルメス財布コピー]
[12/10 スーパーコピー時計]
アクセス解析
お問い合わせ
ツールとか
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]